インターネットの世界は、もともと性善説で成り立っています。

アンチウイルスソフトとシステムのセキュリティ対策
アンチウイルスソフトとシステムのセキュリティ対策

システムのセキュリティ対策と現実

インターネットの世界は、もともと性善説で成り立っています。悪人はいないということですが、現実にはそうではないということは、今の状況を見てみるとわかります。そうなると対策を立てなければ、自分たちも被害者になるということになります。そうなってからでは、対策を立てても遅いということになりますから、その前に対策を立てる必要があります。その場合に今までのようにアンチウイルスソフトだけでは防ぎきれないという状況です。

個人の場合には、重要なファイルなどは別の記憶媒体やクラウドストレージなどを利用すれば、アンチウイルスソフトなどでも間に合うかもしれませんが、資産がある個人や中小企業の法人の場合には、被害に合った時の被害額が多くなるので、それでは心もとないとなります。守るべきデータも多くなりますし、サイバー攻撃にあったときの対策も人材や知識不足になります。

そのような時のためには保険をかけておく必要があります。それがシステム全体のセキュリティ対策ということになります。常にそのような監視を行っておくというのは、資産がある人たちには常識として実行しなければなりませんので、セキュリティ対策の専門家に相談しながら、そのシステムを導入するということを早急にすべきです。安全は無料では維持できないということです。

PR情報