人間の社会は、欲望が大きな原動力でもありますので、如何に収益をあげて生活をしやすくするかということが、太古の昔からの営みのパターンです。

アンチウイルスソフトとシステムのセキュリティ対策
アンチウイルスソフトとシステムのセキュリティ対策

システムのセキュリティ対策とサイバー攻撃

人間の社会は、欲望が大きな原動力でもありますので、如何に収益をあげて生活をしやすくするかということが、太古の昔からの営みのパターンです。それで富を作り出したり、それらを奪ったりする繰り返しになっていて、それらが文化や交流を生んだという側面もあります。最初は誰かが獲物をとってあと、それをもっと強い人が奪ったということが最初だったのでしょう。そして自分で働くよりも、色々と知恵や力で奪うほうが効率的だと気がついた人たちが、そのシステムを生み出してきたということで、今ではそれがインターネットの世界のサイバー攻撃ということになります。

儲かるということであれば、どのような方法でも利用するというのが人間の現実の姿の1面です。そうなるとそれを防ぐという動きも出てきます。当然ですが、奪われないということや、守るというシステムの構築です。それはインターネットでも同じで、現実世界の投影が仮想世界ですから、当たり前と言えば当たり前ですが、その対策が不可欠になります。

理想論はともかく、現実がそのようになっているので、サイバー攻撃がしやすいところにいる人や組織は、それを防御するためのシステムの導入が不可欠になります。また規模やコストパフォーマンスも考えてシステムを導入する必要もあるので、自分たちに一番合っているちょうどよいバランスのシステムの導入が必要になるということも重要です。

PR情報