インターネットを活用する場合には、それぞれ環境や状況が違います。

アンチウイルスソフトとシステムのセキュリティ対策
アンチウイルスソフトとシステムのセキュリティ対策

システムのセキュリティと弱点の補強

インターネットを活用する場合には、それぞれ環境や状況が違います。最新の設備の場合と古い設備で利用している場合では、インターネットの利用の場合の危険性も変わってくるわけです。例えばインターネットを利用する場合にはパソコンやスマホのような端末が必要になります。この端末も古いものから新しいものまでさまざまです。そして能力の違いやOSや利用している様々なソフトもそれぞれ違います。そうなると古い機器やソフトには弱点が生まれきます。

そられがセキュリティホールということで、自宅に鍵がかかっていないとか、裏口が開いているとか、簡単に窓から侵入できるとか、フェンスなどに穴が開いているとかで侵入できる状態とかと同じような状態にインターネットの環境がなっているということになります。古いOSやソフトは、誰もが利用しているということで、セキュリティホールも見つけやすいということもあるからです。

特にその穴をふさぐというパッチを当てるとかアップデートするとかの作業がされていないとますます危険になるということになります。そのようなセキュリティホールをふさぐというシステムを導入するということもセキュリティ対策のひとつということになります。いつもセキュリティ対策だけしていればよいわけではないので、自動的にそれをしてくれるシステムの導入が効率的ということになります。

PR情報