インターネットは人間がかかわっているシステムです。

アンチウイルスソフトとシステムのセキュリティ対策
アンチウイルスソフトとシステムのセキュリティ対策

システムのセキュリティ対策と人間

インターネットは人間がかかわっているシステムです。何らかのメリットがあるので、インターネットを利用して、それらを実現させようとしているという意味では、ビジネスもサイバー攻撃やウイルスなども同じです。そして行きつくところは人間ということになります。最終的にはインターネットを利用している本人が問題ということになるわけです。例えばウイルス対策ソフトを導入しないと判断する場合もあり、導入すると判断する場合もあります。

そうなると結果的にサイバー攻撃を受けたとしても、導入するかしないかの判断は本人がしたので、その被害も本人が招いたということになります。そのようにセキュリティ対策のシステムの導入ということでも、判断は本人や担当者、また導入の許可を出せる人の意識の問題になります。それは現実の社会と同じで、その判断が左右したりします。

そのように最終的にはセキュリティ対策ということでも、本人や責任者の意識が問題です。ですので、どのようなサイバー攻撃があるかや、ウイルスなどの進化などの情報を常に新しくしておき、最善のセキュリティ対策ができるというシステムの導入が必要です。最終的には人間のミスを呼び込むのがサイバー攻撃という場合も多いということになります。

PR情報